顔汗など多汗症を手術で治療するのなら体験談を参考に

私はこれで顔汗対策しています

顔汗など多汗症を手術で治療するのなら体験談を参考に

多汗症で悩んでいる方の中には、手術による治療を検討されている方もいます。
しかし、手術は様々な対策をしても改善されなかった時の最後の手段と考えるべきで、最初から手術を考えることは避けるべきです。
どの対策にも言えることですが、特に手術の場合にはどれだけ効果があるのか、副作用の可能性はないのかなど不安要素があるからです。
どうしても手術で治療する必要があるのなら、実際に行った方の体験談をチェックしてみると良いです。
体験談を読むことにより、どのような方法があるのか、どのような効果があるのか、副作用の心配はなど様々な疑問や不安の解消につながります。

まずは多汗症の手術としてどのような方法があるのかを知っておくと良いです。
まずメスを使用しない治療法としてボトックス注射(ボツリヌス療法)というのがあります。
その為、手術する時の様に傷跡が残らないですし、短い時間で処置が完了して副作用の心配も少なく手軽な治療法と言えます。
ただ効果は短くて3ヶ月から長くても1年程度しか持続しないといった問題点があります。

手のひらや顔の多汗症の手術としてはETS(腔鏡下胸部交感神経遮断術)があって、発汗する交感神経を切除したり焼いたりすることで働きを停止させて多汗症を解消する手術です。
足の裏の多汗症で手術する場合には腰部交感神経節ブロックというのがあって、これは汗腺を支配する交感神経にブロック針を刺して発汗の命令を遮断するものです。
脇の多汗症の手術としては剪除法があって、脇の下にある汗腺自体を切除する手術です。
いずれにしても顔汗など多汗症を治療するために手術を選択するのなら、多汗症の手術を実際に経験した方の体験談を予備知識として確認しておくことです。
体験談を参考にすることはきっと役立ちます。